You are here: Home > >

子供が英会話を学ぶと同じように大人も耳で覚える。

生後1年の間に子供はすべての言語に対して耳むけている :日本で生まれた子供であっても幼児ときf、r、v、thのような音を区別する 幼児の時から2つの言語にさらされると、知覚能力が格別に発達している :両方の言語を受け入れなければならいと、小さな違いも区別して出す能力が大きくなる。 幼児時は2つの言語を習得する速度と母国語??だけを習得する速度との間に差がない 子供と大人の間で相互作用がなければならない。TV、CDのみ聞くことは有用でない。 大人であれば、子供よりも推論能力、集中力、自己管理能力が優れているが、少なくとも「音」を覚えることは不利です。 特に大人は既に習得した母国語の音システムが干渉するため、意識的に努力しても、新しい音に敏感になりがちで難しいです。幸いなことに、この研究を行った学者は、「L」と「R」の発音を区別できない日本人を相手に特別な発音の勉強プログラムを試してみてもいい成果を得たとします。 奇抜な方法はありません。表情と音を一緒にゆっくりと大げさに見せてくれたことだけです。 大人は絶対に子供のように簡単に学ぶことができないのか? 子供のように簡単に学ぶことができるという人がいます。ALG(Automatic Language Growth)方式の学習法/教授法です。 この方式の最大の特徴は、学習を開始する前にただ英語を800時間聞くだけで、完全に外国語を話すこと自体を禁止します。 授業は、両方のネイティブ講師が出てきて、お互い落語をするように対話して、パントマイムをするようにジェスチャーをとって、図を描いて進みます。 すべてのクラスは初級最初の時間から、外国語のみで行われます。 数十年間外国人に日本語を教えながら検証された方法であるとします。 大人と子供の言語習得の方法が本質的に同じまではできないまでも。脳が受け入れる方法はALGが示しているように、大人も子供のように言葉を学ぶことが最も効果的かもしれません。
こども英会話・子供英語教室は【アミティー】子供は1年が経過して話し始めて、18ヶ月になっても、わずか50単語だけ言うことができる程度で。このように、ゆっくりと少量に集中し始めの段階が大人にも必要なものでしょうか? 単に音を区別する能力だけでは文法や、単語の活用など、言語の他の部分はカバーしていません。
むしろ音を区別した能力が大人と子供との間の最も決定的な違いでしょうか? だからそもそも音ききとれなく単語の習得がない場合は、文法も把握していないのでしょうか? 両方の言語を接した子供は、どのように各言語が異なる音システムであることがわかるでしょうか?
どのように両方の言語を一つの音システムで受け付けないのでしょうか?

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans